アイドルマスターミリオンライブ! “超”・個人的 シチュエーション別車窓に合う曲ピックアップ

夏休みが終わってしまいそうで震えているETRです。さて、今回はミリマスの曲についての記事です。ミリマスの曲は非常に個性的なものからガチ曲と呼ばれるものまで幅広く揃っており、音楽方面からの入り口が非常に広いのが特徴です。そして、多くの曲についてはキャラ依存性が低く(もっとも『要約:お前を太らせる』みたいな曲が無いこともないですが)、それゆえ結構な場面でBGMとして違和感なく流せるポテンシャルを持っています。今回は冬コミに向けてちょいちょい作っている原稿から少しだけ抜き出してお届けします。冬コミ当たったらもうちょっと曲数を増やしてまとめる(つっても30曲くらいが限界かなとは思いますが)つもりなのでその際はよろしくお願いします。

(ここから抜き出し)

では本題です。筆者は旅行が趣味でして、目的地までの移動中に(ディーゼルエンジンの音やアナウンスを聴こうとしているとき、もしくは車内で何らかの地元ならではの会話がありそうな場合を除いて)イヤホンで音楽を聴きながら窓の外を眺めるのが大好きなのであります。そして先にも書いた通り、アイマスPであることからウォークマンでシャッフルしてると結構なペースでミリの曲が流れてくるわけです。その流れてくる曲がばっちり合うこともあれば、全く合わねえなとなることも当然あります。そこで、今回は何曲かをピックアップして(230曲やるにはいろいろ足りないのとそもそも車窓自体に合わない曲もそこそこあるので勘弁してください)、そのシチュエーション別の適性を考えてみようと思います。歌詞に関しては触れたり触れなかったりします。但し、私自身は元々765AS→デレがメインで、ミリオンに触れたのはここ2年くらいですので、定番を見過ごしてしまっている可能性も大いにあります。その点はご容赦願います。また抜けた曲やこの曲どうよという場合はtwitterなりブログなりにコメントしていただければ対応します。また筆者は生まれて20年以上ずっと住所が京都市内から動いたことが無いので、関西の話題が多めになります。それでは始めていきましょう。

カテゴライズ方法:高速(100km/h~)/中速(60~100km/h)/低速(~60km/h)の速度適正について判断した後、天気と時間帯に関する表を用意し、そこに◎、〇、△、▲のように印を打ちます。

 

Decided/徳川まつり・馬場このみ

適正:中速・高速

 

 

 

 

 

 

 

説明:これはもう自信をもって印をつけました。当然雪にまつわるフレーズが歌詞にあるのもそうなのですが、そもそも歌詞関係なく曲全体の音遣いが雪なんですよ。歌詞を気にせずパッと曲を聴いたときに思い浮かんだのが北海道の奥の方をひたすら進んでいく車窓そのものなんですね。これは鉄板です。また季節は限定されますが夜間であればある程度イメージにそぐうのでそこにも適正アリと判定しました。騙されたと思っていっぺん冬の北海道へ行って、稚内行きの宗谷号に乗って、美深過ぎたあたりから車窓左側に広がる川と原生林を眺めながら聴いてほしいものです。

 

おすすめ:宗谷本線,石北本線根室本線など北海道の人口稀薄地帯をゆく特急列車

 

 

 

RED ZONE/4Luxury(桜守歌織・豊川風花・北上麗花馬場このみ)

適正:高速・中速

 

 

 

説明:ハイスピードな曲であることから、中高速帯での適性が非常に高いです。どちらかといえば夕方~夜のイメージなので、遅い時間帯での適性があると考えられます。最も合うシチュエーションは夜を駆け抜ける優等列車でしょうか。新幹線でも、在来線や私鉄の優等でも、非常に雰囲気にマッチしたものになると考えられます。

 

おすすめ:振り子・車体傾斜のある列車,東海道新幹線近鉄特急ほか

 

 

 

ロケットスター☆/伊吹翼

適正:中速・高速

 

 

 

 

説明:9月の頭に九州に行ってきたんですよ。んでSUNQパスでサイコロの旅をやったわけです。その時にね、もうすごいことになったんですよ。この曲高速移動適性が高すぎます。テンポが速くて明るい曲なのでまぁ当然っちゃ当然なんですが、長時間無停車で一気に山中なり平野なりを高架で突っ切る爽快さと合うんですね。特に九州内の高速バスには「スーパーノンストップ」という種別が設けられていることがあるんですが、これがめっちゃいいです。追い越し車線から他の近距離高速便とか各停便とかをぶち抜いていく風景と曲とを合わせてエモさの塊になってました。

 

おすすめ:長時間無停車かつ高速をキープするもの(新幹線,高速バス等)

 

 

piece of cake/北上麗花北沢志保

適正:低速・中速

 

説明:すべての時間帯・天候に印を打ちました。実際かなりのオールラウンダーじゃないかなと勝手に思っています。暖かなイメージの曲なので雪にはあまり印を打てないかなとも思ったのですが、暖房のあたたかさから感じる微かな眠気と幸福感が案外合っている気もしたので▲印を打ちました。やはりプリムラと同様、高速なシチュエーションには合わないものの、発着時や加速時なんかは非常に相性がいいです。場所としては都市部でも、山間部でも、トンネルでも、日本全国どこでも使えるおでかけソングといった趣があるように感じられます。

 

おすすめ:特に指定はありません

 

 

空に手が触れる場所/北上麗花

適正:低速・中速(・高速)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明:かなりピーキーな判定となっていますがまぁ仕方ありません。だってもう晴れ以外で流せる曲じゃないでしょこれ。山をひたすら上る絶景路線、あるいはそこまでいかなくとも都市部から郊外へ出ていく列車のイメージと合わせやすいと思います。スピードとしては(当人がかっ飛ぶのとはあまり関係なく)ゆっくりか、出てもトップスピードじゃないところかなと。でも長谷寺付近で流してみると案外よかったので一応高速も適正ありということで。

 

おすすめ:名鉄近鉄など、都市から直接郊外や山間部へ出ていく路線

 

 

 

Only One Second/高山紗代子

適正:高速

 

説明:印全打ちです。とはいえ真っ昼間に合うかどうかという部分については議論の余地があるかと思います。ただ夕方から夜間の高速シチュへの適性は抜群でしょう。都市部を走るような列車というよりは都市間を結ぶ列車の風景の方が合うような気がします。街のど真ん中を突っ切るよりは街の光という目的地を目指して爆走する感じでしょうか。逆に街から全速力で帰っていく状況でもいい感じになりそうです。

 

おすすめ:夜間の都市間特急、または新幹線

 

 

 

シルエット/田中琴葉

適正:低速

 

 

 

 

 

説明:説明不要!!!!!とか言いたいところ。やっぱりこの曲は夕映え~夜なんですよ。どういう空気が一番合うって、旅から帰ってくるときに乗ってる新幹線や特急列車なんかが徐々に減速していくようなシチュが相性良すぎるんですね。この曲で旅、あるいは休日のおでかけを締めくくるのを何回やったことか。もう「エモい」「だいすき」以外の言葉が出ません。夕映えとは言うものの、陽が落ちて暗くなっていく状況自体が“合う”ので天候が晴である必要もあまりないかなと思います。速度適正は文句なしの低速。まぁ曲がそんな感じなので当然といえば当然です。

 

おすすめ:旅の終わりに

 

 

今回はここまで。本にすることになればこの4~5倍くらいの量でぶん投げますのでその時はよろしくお願いします。そろそろアイマス以外の記事を書きたい